Swiftとjuice upのこと

文具界隈が深夜のSkypeのノリでブログを始めたかと思ったらまさかのガチブログ界隈と化していて驚きを隠せない僕です。どうやら更新は3日振りみたいですね。お久しぶりです(感覚麻痺)

なんか真面目に書かなきゃいけない気がしたので今日はこれ。
f:id:JamesMay:20170531004733j:image

Swiftです。自分のはグラファイトっていう色ですね。ブラック・パラジュームコートとも迷ったんですがこれにして正解でした。ゴミクソかっこいいです。

簡単なスペックを説明しておくとLAMYっていう超絶有名ブランド卍の高級ボールペン卍ですね。定価はパラジュームコートが10000円、それ以外が9000円です。水性ボールであるにも関わらずペン先をキャップで保護していないキャップレス仕様です。
f:id:JamesMay:20170531005236j:image

デザイン面での特徴をいくつか挙げておきましょう。まずはグリップセクションの加工ですね。確かパンチ加工とかいう名前だった気がしますが、グリップに縦4×横8の合計32個の穴が規則的に開けられています。まぁ大してグリッピング時に恩恵は感じません。あくまでデザイン面でのアクセントとしてでしょう。ここは人によって好みの分かれる所かとは思いますが、僕は好きですね。これがないと相当退屈なデザインになっていたように感じます。
f:id:JamesMay:20170531005911j:image

もう一つ、Swiftを語る上で欠かせない要素がこれ。クリップです。このペンの最も大きな特徴と言っても過言ではないでしょうね。一見すると普通のクリップですが、ノックノブを押し込むと…
f:id:JamesMay:20170531010340j:image

はい、このように格納されます。相当綺麗に引っ込むので軸はほぼ完全な円筒形になりますね。よく転がるんだこれが…
f:id:JamesMay:20170531010813j:image

クリップの再上端に付いてるプラスチックパーツがわずかながら出っ張り的な役割を果たしているおかげで、完全に円柱になるわけではありませんね。こういう配慮はありがたいです。
f:id:JamesMay:20170531011154j:image

ちなみにこれクリップが出ている時はほとんど気にならないようにできてます。よく出来てますよね。クリップがちゃんと可動式なのも評価できますし、LAMY特有のGermanyの刻印もお洒落です。ほとんど見えないけど。

軸の素材感について書きましょうか。これは色によって全く変わると思うので、あくまでグラファイトの場合ですが。
f:id:JamesMay:20170531013000j:image

こんな感じです(適当)  ぶんぼーぐだいすきな少年少女御用達アイテムで例えるとアバンギャルドのブラストブラックによく似た質感ですね。マットというよりはブラスト気味で、ザラザラとした感じです。ちょっと傷が怖いですね。今のところ目立った傷はありませんが、爪とか金属物でひっかくと跡がつきそうです。

 

と、ここまでSwiftの軸について書いてきたわけですが、僕が一番気に入っているポイントはリフィルにあるんですよ。とはいっても純正リフィルではありません。その拡張性が素晴らしい、っていう話です。
f:id:JamesMay:20170531013644j:image

これ知ってますかね。パイロットのjuice upっていうボールペンです。200円。なんかよく分かりませんが新しめのペン先を採用したゲルインキボールペンで、細めの芯径でも曲がらないし書き味がいいんですね。そこそこのカラバリと0.3、0.4の芯径が用意されてます。

これ単体でも充分素晴らしいボールペンなんですが、なんとこのリフィルSwiftのリフィルと互換性があるんです。無改造ですっぽり入ってくれます。

もともとサラサやジェットストリーム芯が入ることで有名だったボールペンではありますが、それらの改造は多少の手間がかかるのでミスると買い直しになるわけですよ。でも無改造なら知識も道具も必要ありませんしリスクもほぼゼロってわけです。これは本当に素晴らしいですよね。僕はTwitterで見かけたんですが、最初にこれを発見した方は天才だと思います。軸のデザインもかっこよく、かつリフィルの選択肢も広いから実用面でも優秀。最高ですね。

言い忘れていましたが純正リフィルはM66ってやつです。まぁ書き味はいいんですが端的にこれの悪いところを説明すると
f:id:JamesMay:20170531014812j:image

あと裏抜けがヤバいです。紙を選ばないと太いし滲むし抜けるしで使い物になりません。ぶっちゃけゴm(撲殺

 


f:id:JamesMay:20170531015022j:image

そんなわけでSwiftの紹介でした。Amazonなんかだと3000円ちょいで買えることもあるので、値落ちの様子を見計らって買ってみてはいかがでしょうか。

じゃ終わります。眠い。